img-1

カンボジアの技能実習生とは

日本は生産人口は減少の傾向にあります。

これから、日本人の人材採用はますます難しくなることが予想されます。
カンボジアの技能実習生は、日本の技術を学びたい、という意欲的な候補者の中から選ばれた人々で、日本の国内産業を盛り上げながらも高い技術を習得して国の経済発展を担う人材となります。



発展途上国では、より高い技術や知識を習得するために、先進国の進んだ技術や知識を習得しようという意欲的な若者が多くいます。

カンボジアの人材派遣の優良サイトならこちらで見つかります。

また、治安がよく政治が安定している国で育ったカンボジアの技能実習生は、穏やかで親日的であることから受け入れやすく、一緒に働く仲間として非常に良いと言えます。
カンボジアの技能実習生の陣税採用には、いくつかのサポートしてくれる機関がありますが主な流れとしては、企業から人材の募集がきたら実習生候補を絞り込みます。

企業から依頼された人材と候補生との間にずれがないか詳細を確認して、未然にトラブルを防ぐようにします。
採用者が決まれ派数ヶ月間日本語や基本的な事前研修を行い様々な勉強をします。
送り出しに必要な研修が終われば、日本への送り出しを行います。
日本の企業に送り出されたカンボジアの技能実習生は約3年間、送り出し機関のサポートを受けながら日本の技術や知識を学びます。
全てが修了したあとの帰国、帰国後の復職の支援などもサポートを行います。



このように双方の協力により母国での活躍、受け入れ企業との協力によるさらなる活躍など、可能性を秘めた制度になります。

関連リンク

img-2

期待の星はカンボジア実習生

日本の高い技術力を外国人技能実習制度を通してアジア諸国に移行させることを目的とした、発展途上の国の人材育成が日本の民間企業に定着しつつありますが、近年ではカンボジアの若い人材に注目が集まっています。カンボジアはアジアの中でも、他の国に比べて経済発展が出遅れています。...

more
img-3

カンボジアからの技能実習生が日本で学んでいます

カンボジアは人口約1、500万人の国で、インドシナ半島にあります。国民のほとんどが敬虔な仏教徒で、礼儀正しく両手を合わせて感謝の意を表する作法から、日本人にとっても信頼感を持てる国民性を有しています。...

more